転職の失敗パターンQ&A/1

9

Q:人材紹介会社を経由して転職する人の割合は、そんなに多くないのでは?それなのに人材紹介会社側の意見だけで、失敗パターンだと言い切れるのでしょうか?

A:人材紹介会社経由で転職する人の割介が限られているのは、ご指摘のとおりです。「転職市場定点観測調査」によれば、人材紹介会社経由で転職する人の割合は、19.1%にすぎません。

その他は、縁故、転職サイト、ハローワーク、企業への直接応募などのルートにより転職が成立しています。

ただ、人材紹介会社に面談に来る人であっても、そのルートだけを使っているわけではなく、縁故、転職サイト、ハローワーク、企業への直接応募などのルートを併用していることが多いのです。

ですから、必ずしも19.1%の人だけの失敗パターンというわけではありません

また、失敗パターンとしてまとめた項目は、各社の人事部長の意見から考えても、問題であろうと思われるものに限定しています。

ですので、たしかに完全には転職市場の実態を反映できていないかもしれませんが、かなり広い範囲で共通性のあるパターンをとりまとめられると思っています。

Category: 未分類 Comment »

Comments are closed.

Back to top