自分にはこれしかない、と思い込んでいませんか?

9

転職に際してよくある失敗の1つが「軸の絞り込みすぎ」というものです。

つまり、自分にはこれしかないという思い込みにより、極めて狭い分野だけで転職先を探すという現象です。

典型例は、英語や資格です。とにかく英語を使うことだけが仕事の目的で、英語が使えない仕事の環境になると、すぐに転職してしまうケース。あるいは、「2年間この資格のために勉強したのだから、絶対この資格を活かした仕事をしたいんです」というケース。

資格を使わないといけないという考えが強迫観念のようになってしまっています。

「もともと仕事に活かすために資格を取得したのに、資格を活かすために仕事をするというのは、本末転倒ではないですか」とキャリアコンサルタントは助言するのですが、なかなか気持ちを切り替えることはできないそうです。

あるいは、限定的な仕事だけを追求するケースです。たとえば、株式公開による上場準備の仕事だけに興味があるという場合です。上場準備の仕事というのは、転職市場で一定のニーズがあるわけですが、その会社からはほぼ2、3年でその仕事はなくなってしまいます。

ところがそうした人は、その仕事だけに興味があるため2、3年ごとに転職を繰り返していくわけです。

転職には柔軟性を維持しておくことも重要ということなのです。

Category: 未分類 Comment »

Comments are closed.

Back to top