有名大企業の場合、中途採用の本気度を見よう

9

実は、転職率というものは、企業の規模によって大きく異なります。

リクルートと、リクルートエージェントの転職市場定点観測調査によれば、37歳時点において20~49人の企業規模での転職経験者比率が80%を超えているのに対し、5000人以上では40%を下回っており、またl万人以上では約30%、2万人以上では約20%の比率になっているのです。

つまり、大企業であればあるほど、転職者の比率は少ないということになります。

これは、大規模な企業が新卒一括採用を重視し、中途採用が依然として補完的な位置づけにあることのあらわれと言えるでしょう。

また、大規模な企業の社員が退職する率は、他の規模と比較すれば低いのではないかという推測ができます。

やはり、大規模な企業ではブランド名もあり、報酬も高く、福利厚生も充実しているので、その企業に在籍し続けたいという社員の安定志向が強いのかもしれません。

こうした安定志向が強い有名大企業であっても、いまや、まったく中途採用を行なわないという企業は珍しくなっています。

しかし中途採用の実態には、バラツキがあると言えます。

>>>エグゼクティブの転職ならeボード

Category: 未分類 Comment »

Comments are closed.

Back to top