採用面接の回数が多いことにはこんなメリットがある

9

採用面接の回数について考えてみましょう。

キャリア採用において、何回くらい面接を実施するか。この考え方も、企業によってまちまちです。同じ企業でも、ポジションによって面接回数は異なることがあります。

採用面接の回数が多いほど、採用に費やされる期間は長くなります。一般に、企業も個人も、採用に費やされる期間は短いほどよいと思うものです。

企業としては、一刻も早く空きとなっているポジションを埋めて戦力化したいのです。

個人としては、採用に関わる期間があまりに長いとその間は不安ですし、早く結果が欲しくなるものです。

しかし、このような事情があるにもかかわらず採用面接の回数が多いことは、企業と個人の双方に、望ましい点が多いということなのです。

転職にはさまざまなリスクがあります。そのリスクを減らす、最大の手段とは、事前になるべく多くの情報を得ることです。

転職先の情報を人手する最もよい方法は、その会社に在籍している社員の話を直接聞くことです。ここでお気づきのとおり、採用面接の回数が多いということは、個人にとってはその会社の社員と話す回数が増えるので、転職先の実態を知り得る最大のチャンスであるとも言えるのです。

一部の企業では、このメリットに気がついて、あえて採用面接の回数を増やしています。企業としても、自社の文化、実際の長所・短所をよく理解してくれて入社してもらうことに、大きな意義を感じているのです。

自社の実態をよく知らないまま入社してくる場合、結局はほとんど貢献のないまま、早期に退職してしまうことは珍しいことではなく、そうした事態を避けたいと思っているからです。

したがって、このような企業は、面接官に「自社のよい点も、改善点も、面接では包み隠さず説明してください。当社の実態をよく理解し、それでも入社してもいいと思う人だけを採用してください」と指示しています。

そして、面接の回数を増やすことで、社内のさまざまな立場の人の、違った角度からの情報の提供を心がけているわけです。

こうした企業の姿勢は、個人にとって大いに歓迎すべきことです。面接の回数が多く、包み隠さず自社の実態を教えてくれる企業であれば、入社後も転職者が会社に定着してくれるように、きめ細かくサポートしてくれる可能性が高いと思います。

ただ残念なことに、すべての企業がこのような姿勢を持っているとは限りません。自社にとって都合の悪い事実は、面接でなるべく説明を避けるといった企業がないわけではありません。

こうした姿勢の企業が、入社後に、転職者に対してきちんとサポートをしてくれるのか。これには少し疑問を感じざるを得ません。

そのため、面接での説明の姿勢(どこまで包み隠さずに話してくれるか)は、個人にとってその企業を評価する一つの材料となります。

なお、注意すべきことは採用面接の回数そのものだけを評価する材料にしてはいけないということです。

採用面接の回数は、さまざまな事情により決定されます。そのため、転職者に自社の実態を知らせることを重視している企業であっても、回数が少なくなることはあり得るからです。

面接での説明の姿勢、その他と併せて、丁寧に採用のプロセスを進めているのかを総合的に評価することが必要です。

Category: 未分類 Comment »

Comments are closed.

Back to top