キャリア採用に本気で取り組んでいる会社かどうか

9

中途採用としては、ポテンシャル採用とキャリア採用の2種類があるわけですが、特にキャリア採用に本気で取り組み、転職者を即戦力として大いに活用しようとしているのか、そうではないのか、という点に差があると思われます。

キャリア採用に本気で取り組もうとしているのであれば、毎年継続的に一定数以上を採用しているはずです。

さらに、転職者が定着するために、なんらかの定着の取り組みの工夫をしているはずです。

一方、キャリア採用は補完程度にすぎず、あくまで新卒採用を人材の中心に据えていく方針に変わりはないという会社もあるでしょう。

こうした場合、毎年キャリア採用が安定的に継続採用されているとは限りませんし、採用人数もさほど多くないと思われます。

こうした方針の会社に転職することが一概に悪いことではないでしょうが、正しくリスクを認識したうえで入社することが重要でしょう。

つまり、そうした会社では新卒採用された「生え抜き」の比率が高く、文化の同質性も高いので、その同質性に馴染んでいくには、転職者はそれなりの努力が必要だということです。

いずれにしても、事前に中途採用への取り組みの本気度を情報収集しておくに越したことはありません。情報収集する方法は採用デー夕が開示されていて、それを調べることもできますし、面接の際に確認することもできます。

なんと言ってもいちばんよい方法は、事前にその会社の社員に会って実情を聞くことです。ぜひ、工夫をしてみてください。

>>>エグゼクティブの転職ならeボード

Category: 未分類 Comment »

Comments are closed.

Back to top